e-ラーニング機能 | クレバーメディアAC
16371
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16371,page-child,parent-pageid-16333,bridge-core-2.6.4,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-24.9,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.5.0,vc_responsive
 

e-ラーニング機能 | クレバーメディアAC

新型コロナウイルスの感染拡大で急激に導入されたオンライン授業。

場所を選ばない学びのシステムの有用性が認知される一方で、様々な弊害が見えてきました。

クレバーメディア ACはラジオ局経営や大学講師経験のあるスタッフが開発した、学びやすく、講師と受講生双方の負担を軽減し、かつ通信環境への負荷もかからない新しいe-ラーニングシステムです。

新しいe-ラーニングシステム「クレバーメディアAC」

新型コロナウイルス感染症対策として緊急事態宣言が発布されたことに伴い、学校教育のあり方が大きく変容しつつあり、ICTを活用したリモートによる授業について、様々な試みがなされてきました。

 

その一環として、電子会議システムやアプリを使った双方向通信での授業が大学等で取り入れられ、少人数編成のゼミやセミナーでは効果を発揮することが判り、リモートで授業を行う大学が現れてきています。

 

しかし、小中学校や高校の授業では人数が多いため通信環境に負荷がかかり、音が途切れる、ネットワークが落ちる、など現在流通している通信環境では、授業としてのクオリティを確保するのが難しい事が判明しました。

 

ただし、YouTubeを利用した動画配信を活用しても、複数の授業を毎日閲覧するとなると、過大な通信パケットが消費されてしまい、児童・生徒の通信環境によっては、数日で月額使用容量を超過してしまう事態も起こっています。

 

そこで、動画に比べてパケット消費が著しく低く、画像やテキストやリンクなどで内容補強が可能な、クレバーメディアの放送機能をカスタマイズして派生させたのが、クレバーメディア for アカデミック(通称:クレバーメディアAC)です。

e-ラーニング機能の特徴

簡単に作成できるオンライン授業

クレバーメディアACの特徴として、従来講座等を放送する際に、単元ごとに1音源ファイルとしていたものを、1音源中に複数のチャプターを設ける事が可能です。

音源ファイルを必要な分数で分割する編集作業や登録の手間がかからず、好きなところで画面を切り替えて画像やテキストやリンクなどを表示できます。

自由度の高い配信方法

学校や学年、クラスや教科ごとにチャンネルを持つことが可能、チャンネルや授業(番組)ごとにパスワードを設定し、特定のユーザーのみに受講していただく事も可能です。

聴き逃しても1週間以内なら「タイムフリー」で、1週間を経過したら「アーカイブ」から探して聞くことができます。

専用のリンク集を構成できるほか、機能の追加で習熟度管理や試験を行うこともできます。クレバーメディアACは災害広報システム部分を外すことで、安価な導入費用を実現します(外した機能は後から追加することもできます)。

受講生

スマホにアプリをインストールするだけ

時と場所を選ばない学びを
  • 受講生は講師の声に合わせて切り替わる画面を眺めるだけ(板書を見ながら授業を聞くのと同じ)
  • 配信時に受講できなかった授業も「見逃し配信」や「アーカイブ視聴」を使って何度でも受講できます。
  • フル動画に比べて通信負荷やトラブル、パケット量が少なく、通信制限の心配はありません。

講師

PC/タブレット1台と通信環境を用意するだけ

  • 講師はパワーポイントやスライドを使い、いつものように授業を進め、それを録音するだけ。音声のみの授業なので講師のストレスが軽減されます。
  • 動画編集の技術不要。管理画面でテキストとスライドのタイミング(チャプター)を登録するだけで授業コンテンツの出来上がり。動画編集に比べ音声編集+αのみ。編集時間を大幅に短縮できます。
  • 応答機能を活用すれば出席確認やミニテストの実施も可能です。