災害広報 | クレバーメディアDP
16335
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16335,page-child,parent-pageid-16333,bridge-core-2.6.4,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-24.9,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.5.0,vc_responsive
 

災害広報 | クレバーメディアDP

「人々の手元に確実に情報が届く防災放送」を目指して開発された災害広報システム。

災害時には住民のスマートフォンアプリにプッシュ通知。音声と文字で、エリア単位の詳細な災害情報を伝えます。

また、災害時は自分の状況を自治体に通報する安否確認機能で、早期の救援につなげます。

音声で命を守る「クレバーメディアDP」

たとえば台風に備えて雨戸を締め切っていた日、たとえばマンションの部屋でエアコンを効かせ大音響で映画を楽しんでいた夜。もし、緊急に避難すべき事態が発生していたとしたら――。
過去の水害でも、暴風雨の音にかき消されて、せっかくの防災無線が聞こえなかった事例がありました。県外の勤務先にいて、自宅の被災をすぐに知ることができなかった人がいました。こうした反省から出発し、個人の情報通信機器として普及が目覚ましいスマートフォンを活用し「人々の手元に確実に届く防災放送」を目指して開発されたのが、インターネットを活用した「クレバーメディア」の「災害広報機能」です。

自治体から住民へ情報を発信

確実に届けて、確実な避難行動へ

災害情報はアプリを強制起動して、音声とテキストで配信されます。もちろん聞き直しも可能なため、防災行政無線の聞き漏らし対策やエリア外への確実な情報発信に役立ちます。

 

オプションとして、スマートフォンやタブレットPCの操作が難しい高齢者や視覚障碍者向けIP個別端末「マゴスピーカー」をご用意。他にもプリセットによる多言語対応やエリアメール及びLアラートと情報との自動連動など、更に強力な情報伝達が可能です。

住民が情報を受信

必要な人に「自分事の」情報を

ユーザーの属性 (居住地、勤務地、年齢、職種など) ごとに内容を分けて緊急配信と安否確認が送信可能です。日本語が分からない方へもプリセットによる多言語対応(※オプション)で情報を確実に伝達。素早い避難行動へ繋がります。

 

また、遠隔地にいても家族の住む町の情報をリアルタイムで把握可能です。

住民から状況をフィードバック

安否確認機能で救助依頼、地図上に状況表示

災害時には住民へ一斉に安否確認を送信。住民はスマホから(無事・要救助)を返信。その情報はプロフィール情報と位置情報付きでリアルタイムに地図上に表示されるため、最新の情報により迅速で的確な救助活動に繋がります。

地図には自治体があらかじめ用意したハザードマップや避難ルート図、航空写真などを重ねて表示し、現場の状況を把握可能。

※利用者の端末情報は安否確認時のみ自治体へ送信されます。

【マップシステム】
安否確認で使用するマップには、以下のような機能をもたせることができます。
・自治体のハザードマップをレイヤーで重ねることができます。
・国土地理院の航空写真や70年代の古い航空写真などをレイヤーで重ねることができます。
・その他、研究機関や民間が有償・無償で提供している地図データーも重ねることができます。
・ドローンで撮影した写真をマップ上に取り込むことができます。

【多言語対応】
クレバーメディアは日本語の定型文と多言語の定型文を関連付けることで、日本語でオペレーションし
ながら同時に多言語で情報をプッシュ配信できます。